読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自習室

こもります

DVDの映像をYouTubeにアップロードする

国立リバプールhttp://www7.plala.or.jp/LIVERPOOL/でライブをすると、演奏風景をDVDに納めてくれるサービスがあって、つい先日行ったライブでもDVDをいただいてきた。

僕が出たのはRadioheadDragon Ash のバンド。

はい、ここ笑うところねー



Radioheadのバンドメンバと話して、DVDの映像をYouTubeにアップしてみようという話になった。僕なりにいろいろ試して、結果、十分なクオリティでアップロードすることに成功したのでここにその手法をメモしておこう。

レシピ(最終版)

元素材

リバポで録画してもらった映像。DVD。
レゾリューションは 720 * 480。 音声はAC3の48khz,256kbps.

エンコード

H.264 のmp4。
レゾリューションは元素材の良さを生かして 720 * 480。 音声はmp3 cbrで192kbps。

できあがった物

ちゃんと[HQ]オプションのつく、そこそこ綺麗な映像。(収録されたDVDがそもそも画質がよろしくないので、ご勘弁を) ブラウザからYouTubeで閲覧すると、しっかり720*480の解像度で表示された。


あとで気がついたのだが、元素材の720*480という解像度が、そもそも横に伸びていたようで、よく見ると何となくボーカルの顔が横に長い気がする。気がする、くらい。おそらく本来は640pxの映像だったのだろう。 720/640 = 9/8 倍だから、まぁわからないかな。
下記の参考記事様で使っているツールで、解像度の修正(圧縮など)やトリミングも出来たのだけど、今回は、「素材通り、思った通りにエンコードする」ことを優先した、、ということで。


まず、基本的なやり方はすべてこの記事様を参考にさせていただきました。
http://lonelyheart.blog58.fc2.com/blog-entry-1057.html
ので、とりあえずそっち参照。

音声は、DVD Decrypterで抜いたときにSoundEngine http://www.cycleof5th.com/products/soundengine/で波形調整しています。(ボリュームが小さかったので、全体的にあげた)

そのままできあがったH.264 mp4ファイルをYouTubeにアップすると、予期せぬ出来事が起こった。

カスペルスキーアンチウィルスに邪魔される

真っ先に起こったのが、「そもそもアップロードが出来ない」現象だった。

  • インジケータがすすっと一気に80%くらいまで進む
  • その辺で急に止まる
  • 途中で、「予期せぬエラーが発生しました」と出て、アップロード失敗。

いろいろ試行錯誤した結果経験と勘により導き出されたので説明しづらくて申し訳ないが(誰に?) カスペルスキーアンチウィルスのウィルススキャンをオフにしたら、正常にアップロード出来るようになった。P2P通信と認識されたのかどうか知らないけど、カスペルスキーのオッサン的には怪しい通信と判断されたらしい。

音がずれる

上記サイト様に記載されたとおりにえんこした動画をYouTubeにアップして見てみると、音がずれていることに気がつく。より詳しく言うと、

  • スタート時点では音はびしっと合っている。
  • だんだん映像が先走りする(音が遅れてきこえるようになってくる)
  • 4分ほどの映像で、最後のあたりでは2秒ほどずれている。

これは困る、と言うことで調べてみると、こちらのサイト様に出会い、参考にさせていただきました。
http://sinproject.blog47.fc2.com/blog-entry-86.html
ここにあるとおりの処置を施した結果のmp4をアップロードしたところ、やっと期待通りの映像が再生できるようになりました。

おそらく、マクロブロック - Bフレーム の数値の指定が主要因だったと思われるのだけど、そこと固定ビットレートの関係性などについては不勉強につき理解できておりませぬ。

追記

いま、上記引用サイトのコメント欄を読んだところ、 bflameの指定はH.264の圧縮率向上に寄与している変数と言うことで、可能であれば0にはしない方が良いという旨の書き込みがあるのに気がつきました。うむーーーー。